昨年の今頃のお話。

昨年の今頃は、一昨年のXCT-Dualにて横転したのを直してる最中でした。

古くて朽ちかけてるランクルに全損レベルの傷ですが、車を乗り換えるという習性を持たない僕としては直す以外に選択肢は無かったんです。

 

損傷個所は張り替えたほうが楽で早いということで切り落とし。

 

いろいろと外していくと、わかっていた箇所から知らなかった箇所まで錆びて穴だらけ。

 

連日の作業に疲れてカラオケに逃げてみたり。

 

それでもコツコツと作業を続けました。鉄板を切ったり貼ったり。

 

友人が中古のドアをくれたりもしました。人のつながりに感謝です。

 

ずっと気になってたサビもこの機会に補修。

 

朝風呂と朝食がセットで1000円の温泉に逃げてみたり。

 

やっと下塗りまでこぎつけたのが今の時期だったはず。

 

この時にはすでに今までのニャル子さんから新仕様にしようと思っていたので、夜はデータ作成で車に貼るためのイラストを連日描いてましたね。娘に「顔のバランスがおかしい」とか直されたりもしました。

 

色は黒からピンクになりました。これまた娘の「黒いランクルにステッカーをはっても、ヤッツケ感がハンパない」という意見から協議の結果ピンクに。

 

イラスト描きの途中でフィギュアに逃げたり。

 

データが完成したので、ステッカーはいつもお世話になっているハッピープレイスさんにお願いしました。

 

貼付作業は自分で。

 

クロカン車両なので左右のドアだけは保護をかねてステッカーの上からクリアー塗装をしました。遊びに行く先が林の中だったり笹薮の中だったりしますので、ステッカーを貼りつけただけではすぐに切れて剥がれてしまいます。

 

ソーダファクトリーにてスピーカー用のドアボードも作ってもらいました。僕のランクルのオーディオはすべてソーダファクトリーで入れてもらっています。このタイプのカスタムボードだと内側にもステッカーが貼れるので気に入ってます。

 

いろんな方の手を借り、大きく仕様を変更して完成です。

痛車イベントにて復活しました。

 

一昨年に横転した四輪駆動車の競技「XCT-Dual RD3」ですが昨年のRD3にて再戦も果たしました。競技会場だった「アウトドアパーク ブロンコ」の代表の方に「おかえりなさい」と声をかけて頂いたのが感慨深かったです。

目立たないようにそーっと入って行ったのになんで見つかったんだろう?

じゃあ、そういうことで。