札幌プリンセスフェスタ2017へ行ってきました

9月18日(月・祝)はアクセスサッポロで開催された「札幌プリンセスフェスタ2017」へ行ってきました。この通称「プリフェス」はコスプレ・同人販売・痛車展示の複合イベントで僕が初めて痛車展示をした思い出があるようなないようなイベントです。近年は会場が変更になっていて痛車展示が無かったのですが、会場が再びアクセスサッポロへと戻って来たのを機会に痛車展示も復活しました。奇しくも近年では最大級と言われる台風18号さん(擬人化)が迫り、イベント自体がどうなるのかすらわからない中、運営の方々の努力で開催が決定したようです。

不謹慎ですが、会場横の川が氾濫しても僕だけ無傷で帰ろうかと。車高がありますからね、冠水60センチくらいのうちに安全な場所へ行けば大丈夫です。

 

痛車部門主催 Prime ume氏(注:健在です)

 

北海道で数少ない表だって忍野忍痛車をしているおーすけ。このRXー7か8か78だかは、ナナメ前からがかっこいいのですが車の周りに同性愛者(本人含む)がたかっていたので写真は撮れず。

 

今年は北海道内外でよく会うゆなりん氏。ことりちゃんがまた増えてるね。

 

 

AE86の痛車も参加。作品・オーナーさん共に、僕には不明。

 

 

こちらも作品・オーナーさんがわからず。車名も本気で間違えそうなので割愛。

 

 

タックン氏のアウデー。初音ミク仕様。(知ってること全部書いた)

 

 

わにこさんのドールも展示。

 

 

これは自信あります。スズキ ワゴンRでガヴリール仕様。ガヴちゃん、かわいいなぁ。オーナーさんにご挨拶できずすみません。

ちゃんとネタも仕込んであるあたり、いいですね。

 

 

セリカ……。迂闊なことは言わないでおこう。

 

 

ステージア…うん、ステージア。

 

 

ハチロクかBRZ…。ほんと、すみません。

 

トヨタのジープ。

 

 

初見でしたプリウス、ラブライブ高坂穂乃果仕様。この大径ホイールのバランスとか好きですね。

 

 

今回は洞爺湖に引き続き、友人の娘でレイヤーのあいたんが忍コスで同行してくれました。良かった、良かった。

 

 

ステージ上ではコスプレイヤーさんによるダンスパフォーマンスがあったり、荒天にもかかわらず来場する方が思いの外多くて驚きました。朝のニュースでは「不要な外出は控えるように」と言ってたんですがねぇ。

 

 

ちなみに前日はH4TAトライアルという四輪駆動車の競技会で痛車展示でした。誰にも頼まれていない上に誰にも見てもらえなかったという今年最屈辱の展示でした。だって、そういうイベントじゃないからねぇ。

 

ちなみに競技会の模様はこちら

 

さて、三日間に渡り痛車展示をしてきた先週末でしたがたくさんの人に声をかけてもらえました。ありがたいことです。

今週末は室蘭で開催されるイベントへ、遠方より友人が参加するとの情報がツイッターから極秘に流れてきたので会いに行って来ようと思います。諸事情によりイベント参加はパスで。

 

じゃあ、そういうことで。

「秋田キャクターカーフェスタ FINAL」参加

先週は「洞爺湖マンガアニメフェス」へ参加し、なんまら楽しい時間を過ごしてから間が空いていませんが秋田県潟上市の道の駅てんのうで開催された「秋田キャラクターカーフェスタ」へ参加してきました。昨年より参加を切望していたイベントでしたがなんと今年で最後とのこと、イベント続きで恐縮ですが参加を決心しました。機会とは待つものではなく作るもの。

 

まずは苫小牧東港より19時半出港の秋田行フェリーへ乗船。

 

船旅の楽しみは風呂と酒と睡眠。

 

風呂から上がって酒と読書。

 

船は翌日、秋田港へ8時に着岸します。

 

秋田港より30分弱走って会場である「道の駅てんのう」へ到着。

 

展示開始、翌週開催の「リマインドオブゼロ」の告知もしました。「面白そうなイベントだなぁ。え~と、チトセってどこ?」

 

 

フェスタ参加の一部ですが参加車両を写してきたのでスライドショーにしてみました。

 

とてもゆったりとした和やかで居心地の良いイベントも閉会式、このようなイベントが無くなってしまうのはさみしいですね。

 

この閉会式でなんと一般投票での二位を頂きました。主催者が「オーディオもドンドン鳴らしてください!」と申しましたので久々にオーディオ全開で展示しましたので、イベント参加の方が見に来てくれたのが勝因でしょうか。ソーダファクトリーで組んでもらったオーディオが功を奏しましたね。

 

副賞がくじ引きという面白い趣向で燃料添加剤が当たったのでさっそく添加。くじの中に「うまい棒1000本」とかあるのではないかとヒヤヒヤしました。その件については”悪い思い出”がありますゆえ。

 

さて帰り道はちょうど良いフェリーが秋田港から出ていないので、まずは青森港をめざして秋田から200kmを走行し20時半出港の青函フェリーに搭乗。やや4時間の船旅をやや4時間寝て過ごします。

 

函館に0時半に着岸、フェリーを降りて行きつけのローソン鹿部町店で北海道産コーヒー牛乳を調達。

 

鹿部からは自分のベッドを目指して北上、途中で先週「洞爺湖マンガアニメフェス」での痛車展示会場だった洞爺湖観光センター駐車場のトイレで頑張ってみました。

洞爺湖まではフェリーでの移動距離は除いてもおよそ350km、津軽海峡の渡し船は4時間おきに出ているので洞爺湖イベントは日帰り圏内ですね、東北の方々や。来年、待ってます(笑)

 

多少の強行日程でしたが今回のイベントは参加して本当に良かったと言えるイベントでした。今回で最後とは残念ですが、その最後の回に賞まで頂けたのはいい思い出になりました。また、北海道の痛車の面目が少しでも立ったと思えばそれも嬉しいことですね。

そして、秋田では四駆乗りの友人が畑違いも甚だしい痛車イベントへ遊びに来てくれました。普段はなかなか会うことが出来ない遠方の友人達とも会うことができ、嬉しい週末を過ごすことができました。

 

スタッフ、参加者のみなさん、お疲れ様でした!

 

じゃあ、そういうことで。