初心者が初心者なりにNASを導入してみた。

「NAS」をご存知ですか? 僕はその存在は知っていても、どういうものかは全く知りませんでした。「NAS」というのは「Network Attached Storage」の略で、PC単体へ個別に接続するハードディスクではなく複数PCのネットワーク上に存在するハードディスクのことです。と書いてありました。僕は普段から仕事用とアニメ用で二台のPCを使っているのですが、仕事用PCでアニメ用PCに保存してあるアニメを見たいときに、データの移動がものすごく面倒なんです。そんなわけで「NAS」を導入してみました。

 

  • 製品選択

今回購入したのはこちら「BUFFALO Link station LS420D」の4TBの物です。

ヨドバシカメラにて33460円也。

この製品を選んだのには理由があります。それは「信頼している友人のオススメだから」。PC全般に詳しくそれを生業としている友人がおりまして、異業種でも商売抜きで話のできる貴重種です。僕も自分でPCを組んだりはするのですが、PCを新造したくなると専門店やその友人に相談してパーツなどを決める程度の技術しかありません。大体にしてそうそう頻繁にPCを作ることなどなく、日進月歩で進化していくPC技術などにはついていけません。作りたくなった時に教えてもらえばいいんです。そんなわけで、理解して組み上げてるわけではないのでどれだけ友人に助けてもらったことか。彼にはこの場を借りてお礼を申し上げましょう。この場を借りたとは言っても僕のブログなのですが。

 

  • 大きさ

大きさはこれくらい。参考までにこの忍たんはだいたい12分の1で、この姿の忍たんの設定身長は127センチです。

 

  • 性能

記憶できる容量は4TB、それ以上のことはよくわかりませんがいろいろ出来るようですね。

なんとなく詳しいっぽい適当な友人が言うには2TBで茄子の写真が10万枚くらい保存できるそうです。はい、なんの参考にもなりませんね。

 

  • 接続

機械的な接続自体は難しいものではありません。同封されているLANケーブル(2m)を使ってPCがネットにつながっているルーター等に挿し込み、ACアダプターをコンセントに差し込むだけです。僕はWI-FIルーターにPCを接続してありますのでそこへ接続しました。WI-FIルーターの場合、アプリを使うことによってスマホからも連携が出来るようです。

設定は同封のCDをPCに入れて立ち上がったソフトウェアに従うだけでした。細かい設定などもあるようですがそれはメーカーホームページにある取扱説明書を読むようにと、本体に申し訳程度についてきた接続ガイドに書いてありました。まずはCDでPC二台とも設定してみました。

 

  • 使用感

使用感と偉そうに言ってみたところで、よくわからないものを使い始めたばかりなんですよね。とりあえずはPC上にてネットワークにNASが認識されましたので、そちらへアニメデータを移行してみました。すると仕事用PC上にもNASが存在していて、そのフォルダを開くとちゃんとアニメがあるじゃないですか。感動。

これは個人で使うにも便利かもしれないです。データのやり取り速度も速いのでNASを大容量にしておけばPC本体にハードディスクっていらないのではないでしょうか。しかも同一ネットワーク(同じルーターに接続してある)のPC全てに同じ内容のハードディスクが接続されていて、それが常時同期されているってことですよね。デカルチャー。

使い始めたばかりでまだまだよくわかりませんが、別のネットワークからでも接続できちゃったりするんでしょうか。その辺はこの先、勉強しながらですね。なんにせよ、これで仕事をしながらいつでもアニメが観られます。

 

でも、なるべく観ないようにしますね。

 

じゃあ、そういうことで。