はじめてのハロウィン

10月28日に札幌市中心部で行われたイベント「ハロウィン大通大行進2017」に参加してきました。
このイベントはいわゆる「仮装行列」に属するもので、そのイベント内ではアイドルのステージやいわゆる「仮装大賞」などがとり行われているのですが、その中の催し物の一つである「痛車展示」をさせて頂きました。

普段はとてつもなく交通量の多い札幌中心部の道路を一部通行止めにしての大々的なイベントでした。
また「歩行者天国」の名に恥じぬ「天使のような子」や「天国に近づいてきてる人」まで、たくさんの人がイベントを楽しんでいました。

 

今回の展示は3ブロックで計12台が参加、なんらかの因果を感じますが僕の展示ブロックは大丸藤井セントラル前で三台ともおっさん痛車乗り。
なんにせよ先週くらいから便箋を買いに行きたかったので駐車場代が浮きましたね。ランクルだと入れてもらえる駐車場も限られていますし、普段だと停められるところからけっこう歩くんですよ。

 

行進の時間になるとそれはもうおびただしい数の仮装人が道路を練り歩いていました。みんな、すげーなー(棒読み)

 

純粋にイベント参加ではない人も多いですが、こんなにギャラリーの多い痛車展示は初めてかもしれませんね。

 

今回はコスプレをせず痛車展示もせず、ニューカメラを持ち込んで痛車の撮影に専念するししー氏。そう、あのししー氏。

 

友達の娘と友達の娘の友達がイベント参加中に遊びに来てくれました。
右は洞爺湖マンガアニメフェスで忍のコスプレをしてくれたあいたん。
すっかりレイヤーさんですね。

 

子供も仮装をしていますね。でも厳密には親に着せられただけだと思います。

 

普段はあまり撮らないからたまには自分の車を撮ってきました。
今回、他の痛車はほとんど写してないんです。
場所が場所なのであまり車から離れたくなかったことと、大丸藤井で文房具を見るのに忙しかったからです。

 

イベント終了後はあのH氏と増毛まで星撮りドライブへ行ってきました。
あまり天気が良くなかったですが晴れ間を狙って少しですが撮れました。

 

さて、名前くらいは聞いたことのあった「ハロウィン」ですが、はじめてハロウィンに参加することができました。とはいえ、ハロウィンが何かは未だに理解しておらず、グッズにしろなんにしろやけに「カボチャ推し」なのでおそらくは由仁町のとある農園産の空飛ぶカボチャを食べたりする、一年で最も昼が短い日のことなのだと理解して今年のハロウィンを終えようと思います。

 

じゃあ、そういうことで。

ブログが面白かったら
いいね !

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です