2017 XCT-Dual RD2 北海道大会が開催されました。

9月10日に当別町特設コースで開催されたXCT-Dualへ参加してきました。このXCT-Dual、正式には「えっくすしーてぃー はいふん でゅある」と読み、クロスカントリートライアルはいふんデュアルという意味らしいです。2台の四輪駆動車が不整地コースを走って競う競技で、東京かどっかその辺の奴が開催しています。不整地とは言っても「走りにくく整地」してありますがね。

さて北海道初開催となった今回のXCT-Dualは全四戦の中の第二戦に位置づけされ、プレ大会等の扱いにならないところに主催者と北海道地区開催者の意気込みを感じますね。とか言っとけばソレっぽいですよね。

 

チャーター機にてXCT-Dual発案者であり主催者のよっしー氏(左)とサポートというなのボディーガード、ビーサンH(右)が空港に降り立ちました。なんだろこの写真、出来る男みたいに写ってるなぁ。きっと僕の腕がいいんですね。

 

二人を会場へお連れしてコースの造成に取り掛かります。なお今回の僕はスタッフとも関係者とも観戦者ともつかない微妙な立場、チームメイトも見つからないので公式気味カメラマンといったところでしょうか。

 

コース造成のため車とドライバー(僕)を貸出。僕が走破できれば誰でも走れるし、僕が走破できなければ誰も走破できないからですね(謎)

 

雨でも泥でもビーサン。

 

コースが出来たので前日会場入りしたXCT-Dual参加者で前夜祭の準備。

 

開会式をへて競技開始。今回のスタッフ長であるズネ様と立ったまま寝てるズネ様のダンナ。

 

コースは午前中にセクションを2本、午後からもう1本走って計3セクションの合計で決まります。

 

スタッフのクマセンパイも頑張ってください!

 

コースの路面状態は当日未明の雨でけっこう悪くなっています。

 

なので横転。

 

横転、横転。

 

横転?

 

横転。

 

 

横転。

 

 

この競技はコース外から選手への声掛けも許されている競技なので、ギャラリーもスタッフも楽しそうですね~。

 

もちろん、全員が横転したわけではありません。普段は見れないような四駆の醍醐味ともいえる走破性をみせてくれる選手も多数。今回のXCT-Dual北海道運営であるソーダファクトリーのソーダ代表もさすがですね~。

 

 

優勝候補のSパパも調子良さそうですね。

 

モーターレーベルで社長でクロスBでふじくんの人もなかなか魅せてくれますね。壊れればいいのに。

 

 

そして午後からの第3セクションは一つ目の泥に阻まれて全チーム失格。

 

 

二つ目の泥も用意してあったんですけどね。俺、汚れ損(笑)

 

 

さて、北海道初開催ということでこの競技に初めて参加するエントラントも多い中、大きなトラブルもなく無事に終了しました。本州では数年前から楽しまれているこの競技を北海道でも多くの人に楽しんで頂きたいですね。なお11月には難易度を下げた「ビギナーズXCT-Dual(仮)」も予定されています。興味のある方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

参加のみなさま、主催及び運営スタッフのみなさま、お疲れ様でした!

 

撮影を手伝ってくれた四駆仲間でカメラ仲間で温泉仲間のHさん、ありがとうございました!

 

じゃあ、そういうことで。

ブログが面白かったら
いいね !

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です