「Syrp GenieMini」を購入しました

なんかガジェット系ブログみたいになっていますが、そんなことはありません。純粋に車好きオタクのブログです。ただ単に最近のマイブームが撮影機材だというだけでして、一過性のものだと思いますよ。

さて、「Syrp GenieMini」を買いました。日本語にすると「シロップ ジーニーミニ」と読み、シロップは会社名のようですが名前一つを取ってみても「あぁ、こんなオシャレ実用品を持っているなんて俺最高」と意識高いみたいな気分になります。なぜなら、人間が痛んでいるから。

 

 

GenieMiniですがカメラを動かすモーションコントローラーになります。僕が素材の一つとして習得しようとしている「タイムラプス撮影」に使うのが購入の目的です。

 

 

同封品は本体、充電用USBコード、なぜかレンズクロスにグローバルではない人間には読めない説明書が二冊。

 

 

使用時は三脚と雲台の間に入れます。なお、カメラとGenieMiniを繋ぐコードはシャッターコントロールケーブルでカメラのメーカーや機種によって異なるため別売りです。

 

 

こんな感じですね。「株式会社マツクラ、よろしく!」って感じです。

 

 

本体には電源スイッチしかなく、コントロールは専用アプリをダウンロードしてスマホ等からブルートゥースで行います。ざっくり説明するとまずは撮影時間を決め、カメラの向きをどれだけ変えるかと写真を撮るためのシャッターを何秒おきに押すかを設定します。画面の設定は適当ですがこの設定だと「撮影時間は20分でその間に時計回りに90度を微速で回転しながら2秒おきにシャッターが切れる」ということになります。「PLAYTIME」というのはこの状態で撮影した写真をタイムラプス動画にした場合、20秒の動画になるという表示です。

 

 

別に購入ですが撮影の時にカメラを水平にするための水準器も購入しました。

 

これは支笏湖にてGenieMiniを使用して撮影した写真をタイムラプス動画にしたものです。設定は右から左へ77度回転しながらシャッターを10秒開放してから5秒のインターバルをおいての連続撮影を二時間行いました。エヴァンゲリオン劇場版を車内で観ながら。動画作成は「LRTimelapse4」にて制作しました。少し動きを出すとまた違った雰囲気が出ますね。

最近ではスマホ等でも撮れるようなってきたタイムラプスですが、やってみるといろいろな手法があって素材として面白いです。問題は撮影を始めると劇的にヒマになることですが、泊まりと割り切って読書をしたりエヴァを観たり、グラスを傾けたりグラスをひっくり返したりしながらのんびり撮るのも楽しそうです。

 

「あぁ、こんなオシャレなことしてアウトドアでグラスを持っている俺最高」

みたいな。

 

じゃあ、そういうことで。

ブログが面白かったら
いいね !

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です