撮影ドライブ 富良野「春」

麗らかな春の一日、友人と被写体を求めてドライブに行ってきました。当初の目的は漠然と「滝」。一眼レフや空飛ぶカメラなどなど、この数年で様々な映像機器に手を出してしまった僕ですが、一人で全てをまかなうのは無理ですね。でも、なんでもやってみたいのだからしょうがない。

 

まずは芦別市「三段滝公園」へ。もっとこう白糸みたいに撮りたかったのですが、天気もそこそこ良かったので減光フィルターがいりますね。

 

 

滝では空撮もやってみました。これ、けっこうビビりますね。

 

 

滝でマイナスイオンを吸収して車からでる変な異音に悩まされながら富良野市近郊まで来たところ、十勝岳に雲がかかっていなかったので十勝岳の展望台のようなところまで上がってみました。高度はやや1200m、なんとか平野を見下ろす絶好のシチュエーションで友人も楽しげですね。

 

もちろん、僕も楽しいですよ。

 

 

撮影後は何度か通りかかっていたものの、建物の背中だけを見て「開発局のなんかだ」と思い込んでいた十勝岳温泉「カミホロ荘」へ。こんな所に泊まって星を撮ってみたいものです。だがしかし。温泉と酒を交互にやっつけているうちに撮影がどうでもよくなること間違いなし。

 

 

最近、興味を持った「タイムラプス撮影」ですが、この方法は時間がかかるのが面倒なところ。動画化すると数秒なんですがね。なので温泉に入っている間にDJI OSMOをタイムラプスモードにして車内から空を撮ってみました。アングルがよければもっと面白くなりそうですね。

 

 

温泉からあがると北海道旅行中のSNSで知り合ったランクル仲間が近くにいるとのこと。この知人はテレビドラマ「北の国から」のファンということでして、僕と同行したH氏もそのドラマの大ファン。H氏の指示通りにドラマの聖地巡礼コースを行くと見事的中、お会いすることができました。せっかくなので一緒に記念撮影をさせて頂きました。この後は「れいちゃんのチェーンが外れた道」を探したりしましたが、どこにもチェーンは落ちておらず。

 

 

知人と夕食をご一緒させて頂いた後は帰路へと。途中、H氏と三笠市「桂沢湖」にて夜撮。良い写真を撮るのはむずかしいですね。

四駆、温泉、カメラ。趣味が複数重なる友人とのドライブは楽しいですね。

じゃあ、そういうことで。

~オマケ~

SODA’S FACTORYにて友人達が不定期開催しているラジコン大会を観戦してきました。というよりは練習の被写体にしてきました。この遊びも誘ってもらっているのですが、RCは四枚プロペラなので四輪駆動と似たようなものです。

ブログが面白かったら
いいね !

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です