デジタル一眼レフカメラ CANON「EOS 6D」購入しました。

2016年暮れのこと、カメラを購入しました。

元々、カメラは好きでキャノン「EOS Kiss X5」というデジタル一眼レフ入門機みたいな物はもっていたのですが、不勉強が祟ってそれでさえ宝の持ち腐れ状態だったわけです。

くわえて車・カメラ・時計という「男の趣味 三種の神器」の中でも車のウエイトがほとんどなので、三種の中では一つに絞っておこうと長いこと思っていました。

ところが昨年の12月に四輪駆動車の競技があったり痛車のイベントで本州まで遠征したりと「写真を撮らなければならない使命感」が下手なりに沸きあがりました。

そう、下手なりに。

そしてまた都合が良いのか悪いのか僕の周りの連中、いいカメラを持ってたり素敵な写真を撮るわけですよ。

そんなわけで今回はちゃんと勉強しようと思い切りました。

 

キャノン「EOS 6D」を購入しました。

安心・安定のヨドバシカメラです。

ヨドバシ.Comで買おうかとも考えたのですが店員さんにいろいろと聞いた方がいいんだろうな~と思い店頭へ。

人気店なので結局は「どっと混んで」いたんですけどね。アハハハハ。

そして「EOS Kiss X5」との最大の違いは「フルサイズ」だということ。

詳しくは理解していないので割愛しますがカメラ内の撮像素子の大きさの違いで

「EOS Kiss X5」は撮像素子がAPS-Cサイズという少々小さい素子なんです。

まぁ、大きいほうがいいんだろうな、と(笑)

そこで発売年月は少々古いですがフルサイズ一眼レフ入門機といわれる

「EOS 6D」に決め、店員さんオススメだったキャノン純正の「24-70mm F4レンズセットを購入しました。これよりも上位機種は予算的に無理ですし。

そして若干のレンズ沼にはまった僕。

カメラと同時に〝単焦点レンズ〝なるものが欲しくなり「コストパフォーマンスに優れる」とネットに書いてあった「キャノン EF50㎜ F1.8 STM」(画像左側)を購入。

うん、なんかわかんないけれど写真を撮るのが上手くなったような気がする。

その後、星空を撮りたくなり「コストパフォーマンスに優れる」とネットに書いてあった「SAMYANG 14㎜ F2.8」(画像右側)を購入。

うん、なんかわかんないけれど星空を100枚くらい写したら当たりがあったよ。

 

そしてヨドバシカメラで店員さんにいろいろと話を聞き、ポートレートとか撮るのにいいのではないかと「シグマ 24-35mm F2 DG HSM」(画面左側)と

やっぱ望遠レンズもいるんじゃね?ということで「シグマ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO」(画面右側)も購入。

これだけあればしばらくは買わなくていいと思いながらも最近はFISHEYEレンズも気になっているところです。

他の趣味を邪魔せずにむしろ楽しさを倍増させてくれる写真撮影。

オススメですよ。

じゃあ、そういうことで。

 

 

ブログが面白かったら
いいね !

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です